要注意の【七曜陵逼期間】です

こんばんは

東洋コンプリメンタリー・メディスン

Noyaの上坂です

久しぶりの更新です


書こうと思い、なかなか書けずでしたが

ようやく!

今日は、宿曜占星術の中で要注意期間と言われる

【七曜陵逼期間】のお話です。


ブログアップが遅れてしまいましたが…

実は11月14日~12月10日まで、この【七曜陵逼期間】が発生しています。

要注意期間とも言われている期間です。



この期間は、どの星の人も要注意の特別な期間で

昔から諸説色々な話がありますが

吉凶どちらかというと凶相の方が多く出やすい期間です。

凶であったり、衝撃的な出来事であったり様々ですが…

この期間中は、とにかくあまり派手な行動はせず、謙虚に大人しく、慎ましく過ごすこと、です。



過去にこの期間中に起きた(期間の前後含む)起きた大きなニュースを

少し上げると…。



最近では、フィギュアスケーター羽生選手の怪我もこの期間前の出来事でした

元々、羽生選手の宿は乗り物(この場合スケート)などに縁があり、それが適職につながってもいますが

同時に乗り物による怪我にも縁がある宿であったり…。



歴史的なことも含むと…

●徳川家康 死去

●坂本龍馬 暗殺(今から150年前の11月15日の出来事でした)

●餃子の王将社長 射殺事件

●酒鬼薔薇聖斗 神戸連続殺傷事件

など…。



他、確かSMAP解散もこの期間中の出来事であったと思います。

色々起っています。


この期間が近づいている時、そして期間中は物事が悪い方向に進みやすく

どれだけ冷静でいられるか、謙虚でいられるかを試されているような期間です

さらに七曜陵逼期間中に発生する、もう1つ用心する凶日もあり厄介です。

もう1度書きますが



【七曜陵逼期間】は

11月14日~12月10日までです。


残り少なくなった2017年、ぜひ大切にお過ごしくださいね

Noya のや

・東洋コンプリメンタリー・セラピースクール ・完全予約制 女性限定 Noyaは札幌市南区石山の 漢方茶・宿曜占星術・和精油など東洋のコンプリメンタリーメディスン(補足療法)を学ぶ教室です。 身土不二・心身一如 にっぽんに伝わるもので 心と体のリラクセーションを お手伝いさせて頂きます

0コメント

  • 1000 / 1000