漢方・薬用植物研究講座

こんにちは。

Noyaの上坂です。

先日、北海道医療大学主宰の【漢方・薬用植物研究講座】に参加してきました。

土日に出かけるときは、神社巡りをしたりもするので、一日乗り放題のドニチカキップで

巡ります。

会場に向かう前に、西区のちえりあで先に仕事の用事を。


施設の方とお話したあとは、漢方・薬用植物研究講座に参加するまえに

腹ごしらえということで…


クリームパスタセット。と食後のコーヒーでゆっくりと。

ゆっくりした後は、地下鉄にのって会場に移動。


受付をすませて…

受講開始。

医師から聞ける【あの世とこの世】【輪廻】【仏教】【病院での不思議な話】

【東洋医学】【西洋医学】果ては【宇宙】の話まで…。


色んな視点からのお話でとっても楽しかったです!

先生方ご自身で、マニアックなので学会ではあまり話さないような内容と

言われていた通り、かなりのマニアック具合でしたが、

今学んでいる【宿曜】や、そして漢方、東洋医学にもつながる話で

受講して良かったと思っています。

植物そして精油もそうですが、詳しく知っている方とお話していくと成分の話となり、

そして原子・分子の話になり、最後は必ず【宇宙】の話になります。

聞いているとワクワクしますemoticon-0102-bigsmile.gif

当日は満席に近く、たくさん受講生の方がいて。

中には現役医師の方も来ていたようで。

こちらの漢方・薬用植物研究講座は大変人気の講座で、参加したい!と思いつつ、

毎回スケジュールがなかなか合わなかったのですが、今回はタイミングよくあったので

かなり前から申し込んでいました。

今回講演された八重樫先生は、経歴がユニークと紹介されていたように、

もともと脳科学を学ばれていた先生だそうです。

そして、色々な方とのご縁があり、婦人科、漢方、東洋医学、

中国へ気功を学びに行ったりしたそうです。

気功の場で体験したお話も聞かせてくださいました。

今回のタイトルにあるよう【目に見えるものと見えないもの】。

気功の【気】は大半の方の目には見えない。

しかし、中には鍛錬をつんで見える人もいる。

見えないからと言って全否定するのか、それとも見えるから科学的に研究を進めていくのか。

見えなくても、あるかもという証明のために研究をするのか。

見えないものに偏りすぎ、見えるものに偏りすぎ

でもなく真ん中。中庸、中道が大切。

陰陽もそうです。

陰だけ陽だけで存在するのではなく、どちらも存在し、

陰が健康、陽が健康でもなく、そのどちらでもない真ん中。バランスが大切であると言います。

ここを改めて感じた講座でした。

来年も開催されるそうなので、また参加しようと思います(^^)

東洋コンプリメンタリー・セラピーNoya のや

・完全予約制 女性限定 Noyaは札幌市南区石山の 漢方茶・宿曜占星術・和精油など東洋のコンプリメンタリーメディスン(補足療法)を学ぶ教室です。 身土不二・心身一如 にっぽんに伝わるもので 心と体のリラクセーションを お手伝いさせて頂きます

0コメント

  • 1000 / 1000